不妊治療

不妊治療

不妊症分野におけるPRP治療

血小板に含まれる成長因子(PDGF・TGF-β・VEGF・EGF等)は、子宮内膜環境の改善を促すことが明らかにされています。成長因子を多く含むPRP投与によって、子宮内膜における細胞増殖、血管新生を良好にすることで、胚着床率の改善、および妊娠維持が期待できます。

不妊症領域での治療の歴史はまだ十分ではありませんが、現在では海外において子宮内膜菲薄症例や反復着床不全症例に対する研究が盛んに行われています。

安全性について

本治療法は法律に基づき、再生医療等提供計画の届出後、厚生労働大臣に受理された治療となります。 あなた自身の血液を用いた治療法ですので、アレルギー反応等の心配が少なく、安全性の高い治療法となります。


あなた自身の血液を用いた治療法ですので、アレルギー反応等の心配が少なく、これまでの国内外での使用において、重篤な有害事象は報告されていません。※2019年12月時点

 

治療の流れ

通常、治療後の安静も含めて約1時間がかかります



 

PRP治療のスケジュール

*一周期で2回のPRP注入を行います。 *実施するタイミングは主治医の先生に確認してください

注意事項

  • 治療前、バランスの良い食事を心かけてください
  • 治療後は、しばらく安静にしてください。具合が悪いときはスタッフにお伝えください。
  • 治療後24時間以内は、激しい運動は控えてください。
  • 万一、発熱をはじめとする、ふだんと違った症状がみられた時は、直ちに主治医に相談してください。

下記に該当する方は、まず主治医にご相談ください

  • 血小板数(Plt)が150,000/mm³以下
  • 血小板機能異常症
  • 非ステロイド性消炎鎮痛薬や抗凝固薬で治療中
  • 悪性腫瘍、またはその可能性にて治療中
次ページへ
GET IN TOUCH

- 再生医療を身近なものに -

再生医療の導入については
ご相談ください

お問い合わせ